10:00〜翌2:00(電話受付9:30〜24:00)

"■女性選びに悩んだら「スーパーフリー割」60分8800円〜"

お電話する
むつみちゃん
AGE23 T150 B97(G) W74 H98
TYPE
ドエロ
TYPE
攻受両方
  • メールご予約は当店1回以上ご利用された会員様に限ります。
    インターネット予約では、ご予約日の1週間前の深夜0時から受付開始となります。
    ※キャンセル不可、当日の予約は電話のみになります。
    24時間以内に返信ない場合は、お電話でのご確認お願い致します。
    ご利用の携帯電話によっては特定のドメインからのメールの受信を拒否する機能(ドメイン指定受信) が設定されている場合がありますので、[hips-pm.com]を受信可能にしてから、ご登録下さいませ。

    ご利用女性

    むつみちゃん

    希望日

    お名前

    電話番号

    メールアドレス

    ご利用コース

    ご利用場所

    ホテル名orご自宅の場合は住所を入力して下さい。

    ※駅名を選択して下さい

    備考欄

「早く裸になろ♡だってもうほら・・苦しそうだよ?」


そう言いながら 【むつみちゃん】

ズボンの上から おチンコを優しく擦ってくれました・・

くうっ

僕は何も言えずに全てを【むつみちゃん】に身体を委ねます

彼女は明るくて元気な女の子なのに
エロスイッチが入ると 凄くイジワルで色っぽい表情になるんです

もうその表情だけで お恥ずかしながら

僕のおチンコは鉄のように熱くギンギンに・・・


【むつみちゃん】はニコニコ微笑みながら

「うふふ・・・すごい♡ビンビン!ナニしちゃおっかな〜?」

と言いながらおチンコにお唾を垂らして

さきっぽを にゅりにゅり しごいてくれるんです!!
たまりません・・・!

その手つきが大変いやらしくて・・
敏感な亀頭を丁度いい感じで刺激され

「ココ・・そんなに気持ちいいの?」
彼女はそれを十分わかっているくせに


焦らしながら 亀頭を優しくパク!と咥え舌でなぶり回すのです
もはやどんな舌の動きなのか検討もつきません

僕は思わず「ハウウッ!」っと唸ってしまいました

まっまだ 出してはいけない!!我慢だ!!耐えろ!!僕


【むつみちゃん】は僕をベッドに寝かせると

胸や首筋、脇にねっとりと舌をはわせてきたのです

彼女の右手には僕のおチンコがしっかりと握られ

「あ、、ああ〜〜、、、う、う、」

「恥ずかしがらずに声を出して。もっと聞かせて」

僕は完全に【むつみちゃん】のいいなりでありました・・

「口を開けて」と言われ

そこに彼女の唾がタラ〜と垂れて


「ごっくんして♡」と【むつみちゃん】


僕は喜んで飲み込んだのです

彼女は女神のように微笑みかけてくれました


それからは彼女の玩具のように攻められ

ペットにされてしまいました・・・

ニッコリ微笑んだ顔は向日葵の様に輝き

たまらなく可愛いいのに小悪魔そのもの

その豊満なバストに全身しごかれ

極上の◯◯◯ズリで いつもより沢山射精してしまいました

全身性感帯のように敏感に開発された僕の身体は


びくんびくんと悶絶し 射精の後は彼女の包容力に

ただひたすら身を預け すっかり癒やされてしまいました

攻め上手な【むつみちゃん】実はとても敏感なのを僕は知っています・・

【むつみちゃん】の個人オプションの生パンティープレゼント

ほかほかの生パンティーを嗅ぎながら
普段はSっ気のある彼女の快楽で乱れる姿
想像するだけで僕は・・・

あ・・・また硬くなっちゃた・・


 
「早く裸になろ♡だってもうほら・・苦しそうだよ?」


そう言いながら 【むつみちゃん】

ズボンの上から おチンコを優しく擦ってくれました・・

くうっ

僕は何も言えずに全てを【むつみちゃん】に身体を委ねます

彼女は明るくて元気な女の子なのに
エロスイッチが入ると 凄くイジワルで色っぽい表情になるんです

もうその表情だけで お恥ずかしながら

僕のおチンコは鉄のように熱くギンギンに・・・


【むつみちゃん】はニコニコ微笑みながら

「うふふ・・・すごい♡ビンビン!ナニしちゃおっかな〜?」

と言いながらおチンコにお唾を垂らして

さきっぽを にゅりにゅり しごいてくれるんです!!
たまりません・・・!

その手つきが大変いやらしくて・・
敏感な亀頭を丁度いい感じで刺激され

「ココ・・そんなに気持ちいいの?」
彼女はそれを十分わかっているくせに


焦らしながら 亀頭を優しくパク!と咥え舌でなぶり回すのです
もはやどんな舌の動きなのか検討もつきません

僕は思わず「ハウウッ!」っと唸ってしまいました

まっまだ 出してはいけない!!我慢だ!!耐えろ!!僕


【むつみちゃん】は僕をベッドに寝かせると

胸や首筋、脇にねっとりと舌をはわせてきたのです

彼女の右手には僕のおチンコがしっかりと握られ

「あ、、ああ〜〜、、、う、う、」

「恥ずかしがらずに声を出して。もっと聞かせて」

僕は完全に【むつみちゃん】のいいなりでありました・・

「口を開けて」と言われ

そこに彼女の唾がタラ〜と垂れて


「ごっくんして♡」と【むつみちゃん】


僕は喜んで飲み込んだのです

彼女は女神のように微笑みかけてくれました


それからは彼女の玩具のように攻められ

ペットにされてしまいました・・・

ニッコリ微笑んだ顔は向日葵の様に輝き

たまらなく可愛いいのに小悪魔そのもの

その豊満なバストに全身しごかれ

極上の◯◯◯ズリで いつもより沢山射精してしまいました

全身性感帯のように敏感に開発された僕の身体は


びくんびくんと悶絶し 射精の後は彼女の包容力に

ただひたすら身を預け すっかり癒やされてしまいました

攻め上手な【むつみちゃん】実はとても敏感なのを僕は知っています・・

【むつみちゃん】の個人オプションの生パンティープレゼント

ほかほかの生パンティーを嗅ぎながら
普段はSっ気のある彼女の快楽で乱れる姿
想像するだけで僕は・・・

あ・・・また硬くなっちゃた・・


 

SelfMovie

自撮り動画

OptionList

オプション一覧

  • あいますく

  • ぴんくろ〜た〜

  • お顔に発射

  • おしっこ見学

  • ばいぶ

  • 電ま

  • おなに〜見学

  • の〜ぱん

  • 精子ごっくん

    ×

  • こすぷれ

  • あなるふぁっく

    ×

  • 即ぱく

  • 自宅出張

    ×

  • 3P

    ×

  • 潮吹き

    ×

  • コスプレイメージプレイ

PhotoDiary

写メ日記

むつみちゃんさん週間出勤情報

WEEKLY SCHEDULE

ご不明な点等が御座いましたら、お気軽にお問合わせ下さい。
ホームページからのご予約も可能です。

Contentsメニュー項目

page top